2016年第1問【問2】解説

<はじめに>
 さて、いよいよ今回から本格的な設問解説に入っていきます。これまで方法論系の動画を多く視聴してきた中、ここで初めて「過去問解説」の動画を見るという人。まずはモチベーションを上げましょう。「今までインプットしてきた方法論が、どう活かされるんだろう?」「現代文が出来る人は、どんなふうに頭を働かせて文章を読むんだろう?」と、わくわくした気持ちになってほしいですね。もちろん、わくわくしているだけではダメですが(笑)、その気持ちを持ちながら授業を受けることで、集中力・吸収力もいっそう上がると思います。
 世の中の塾・予備校での現代文の解説授業というと、「時間の都合」等の便宜的なことから、「本文の読解を控え、設問解説のみ行う」ものがわりと多いように思います(英語の長文読解問題の解説授業であれば逆になるのですが)。仮に「本文を全部読んでから設問を一気に解く」のであればそういう解説もありだと思いますが、私の場合は「読む→傍線部にぶつかる→解く→再び続きを読む→…」という手順で解いているため、設問解説オンリーの授業には違和感を持たざるを得ません。どのように本文を読み、どこをどのように理解し、設問を解くことで本文内容の理解をどのように深めていくか――このことをしっかり皆さんに分かっていただきたいので、私の授業では本文読解も欠かさずに行います。本文読解で得られたことを設問を解く際に活かしていきますから、皆さんにおかれましては、設問の解説だけ聞くのではなく、本文読解時の頭の働きがどんなものであるかもしっかり吸収するつもりで、集中的に受講してください。聞き逃していいような箇所は基本的にはありません。
 

<授業動画>

 

昔から「教える」ことが大好きで、手段を問わず、様々な形で「教える」ということをしてきました。今は、StudyDoctorでは国語を、そして自分が運営しているLiveClassというサイトではそれ以外に英語や数学なども教えています。いずれにせよ、大学入試を突破するのに有益な情報を誰もが得られる環境を作ることを目標に、頑張っていきたいと思います。StudyDoctorでは、僕が大好きでかつ得意な「国語」という科目を教え、「国語」がどういうことを問う科目なのか、そしてそこに立ち向かうためには何を学べば良いのか、ということを明らかにしていきたいと思います。「国語」の学習は、全科目にまたがる「基本」と言えるものであり、皆さんの大学入学以降の学び(研究)を有意義なものにしてくれますから、ぜひ、そういう意識を持って学習に取り組んでいただきたいと思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    post date*

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)